春期講習 高校生

現在の高校1年生が受験する年である2020年度入試から、大学入試が変わります。現行のセンター試験が廃止され、それに替わって「大学入学共通テスト」が実施されます。現在、文科省の計画では、数学と国語で記述式の解答様式が設定され、英語では4技能測定の民間試験の導入が進められています。実際のところ、センター試験に替わってどのような試験になるのかはまだ未定ですが、確実に言えることが一つあります。

それは、どのような試験になるにしても、「高校1・2年生で学習する基礎が重要」ということです。数学は記述式の解答様式が検討されていますが、記述式の答案を書くためには、計算方法が分かっていないと記述できません。英語も、単語力や文法力が不足していては、正確な英文は聞き取れませんし、文章で表現することもできません。

つまり、2020年の大学入試改革に備え、今のうちから基礎を身に付けよう、ということです。

高校 新1年生-高校 新3年生

コース紹介(受講例)

コース概要:新高1生は中学内容を復習し、高校内容の先取りを行います。新高2生は高1内容をしっかりと復習し、基礎の定着を図ります。

受講科目:数学・英語

授業回数:6

料金:17,690円(税込)

コース概要:大学一般入試に備え、英語・古文の基礎学力養います。

受講科目:古文・英語

授業回数:10回

料金:30,240円(税込)

コース概要:大学一般入試に備え、英語・数学の基礎学力養います。

受講科目:数学・英語

授業回数:10回

料金:30,240円(税込)