千葉県立千葉東高等学校

トライプラス 高校紹介 千葉東高校

千葉東高校は千葉市稲毛区にある県立の共学校です。通称「千葉東」、「東高」。アクセスはJR西千葉から徒歩約15分、またはモノレール・作草部駅から徒歩約5分。2学期制で45分の7時間授業を行っています。大学との連携に積極的に取り組んでいる「高大連携」は特色の一つであり、千葉大学教育学部の基礎教養講座をはじめ、千葉大学で行われる授業を千葉大生と一緒に受講できるHOC(High School on Campus)や、同じく千葉大学での理数系の基礎力養成講座や東邦大学で先進の理数教育が受講できる講座、東京大学や東京工業大との連携講座にも多くの生徒が参加しています。また、国際教育の推進として、アメリカとオーストラリアへの短期海外生徒派遣や短期留学生の受け入れを行っており、平成248月にユネスコスクールに認定されました。平成26年度の進学実績としては、東大、京大をふくむ国公立大学に175名が合格、早慶などの私立大学にも多数の合格者をだしており、卒業後は約7割の生徒が大学へ現役で進学します。

「勉強」「部活動」「学校行事」いずれにも全力で取り組む姿は「東高魂(ひがしこうだましい)」と呼ばれ、勉強のほか部活動にも力を入れており、山岳部が全国優勝、陸上競技部やサッカー部が関東大会、ラグビー部が全国大会への出場を果たしています。ほかにもマンドリン部が人気の部活です。

Vもぎ偏差値

66

合格の目安

基準値 430点

総合評価★★★★★

校則自由度 ★★★★★ 校則は皆無。
イベント本気度 ★★★★★ 文化祭「東雲祭」は準備に全力をそそぐ目玉行事。体育祭はなく、陸上大会とマラソン大会がある。
大学進学実績 ★★★★★ GMARCH、早慶上智、国立大学への進学が多い。千葉大への進学数日本一。
いじめの少なさ ★★★★★ 全く問題なし。
制服レベル ★★☆☆☆ 男子は学ラン、女子は紺のブレザー。地味だがアレンジ可能。
部活動レベル ★★★☆☆ 山岳部は全国レベル。

合格者の声

・塾のテキスト

 

・はやく正確に解く練習

 

・過去問(千葉県以外も)

 

・なんども間違えた問題をまとめておいて、入試直前に見直す

 

・高校精選問題集がおすすめ

 

・一度した間違いは二度しないようにメモ

 

・最高水準問題集 高校入試数学(文英堂)

 

・模試

 

・塾に毎日通う

 

・問題集を何度も解いて覚える

 

・模試で間違えた問題をノートに書き写して後日解きなおす

 

3年夏までに基礎をかんぺきに、それ以降は応用。

その他の学校紹介