千葉県立千葉西高等学校

トライプラス 高校紹介 千葉西高校

千葉西高校は、ほぼ全員が進学希望であり、東京湾に臨む環境のもと落ち着いて学習のできる学校です。


週のおよそ半分の時間を国語・数学・英語の3教科に配分し、基礎学力の定着を図ります。


3年次からは文系・理系に分かれ、応用力を鍛え、希望進路に合わせて幅広く学習できます。


放課後や長期休業中には、進学希望者への講座や補習授業があります。

Vもぎ偏差値

56

合格の目安

基準値 350点

進路情報

(R2年度入試の合格者より)

合格者公表のため進学率は不明

大学の合格者の人数は一人の生徒が複数の大学の合格をとっている可能性はあります。


四年制大学の合格844

専門・短大の合格者34

就職は公務員に4の合格者がいる。

現役での国公立大学の合格者は10


中でも


千葉大が4

千葉県立保健医療大学が3名


と、地元の国公立大学への合格者が多い。

合格者は10


早稲田が4名で最多。


国公立大学、難関私立高校への現役での合格者が出ているため、

学力レベルは高いといえる。


千葉西高校の中でトップ層を維持していくことができれば

国公立大学、難関私立大学への合格も夢ではない。

合格者は71名。


法政大学が24で最多。

学習院大学が12と続いている。


学年で100番以内が一つの目安となりそうです。

合格者は143名。


日本大学が75名で全合格者の中で最多


ここまでの合格者が234名となっており、

一人が複数の合格をもらっていると考えると

校内順位が半分よりも上位にいないと

こういったネームバリューのある大学への合格は厳しくなりそうではある。

総合評価★★★★☆

校則自由度 ★★★☆☆ 厳しすぎず、標準レベル
イベント本気度 ★★★★★ 文化祭がとても活気がある。3年次の劇は積極的に行われレベルも高い。
大学進学実績 ★★★★☆ 大学進学率75%。GMARCHへの進学が多く。
いじめの少なさ ★★★★★ 問題なし
制服レベル ★★★★☆ 男女ともに青色のネクタイ、紺のブレザー。下は灰色の千鳥格子で男子はスラックス、女子はスカート。

合格者の声

3年には文系と理系に分かれるので、自分の得意科目を伸ばすことができる。


・部活数が多く、表彰される部活も多い。


・定期的に朝読書の時間に漢字テスト・英単語テストがあるので、自主学習の力がつく。


1年生から模試があるので、早くから大学を意識することができる。

その他学校紹介