【必見】赤本研究の極意@おゆみ野・鎌取駅前・ちはら台校

2018年12月20日

こんにちは!

トライプラスおゆみ野校の雨宮です!

 

今回は赤本研究について話していこうと思います。

 

赤本研究ですが、大学受験だけでなく、高校受験の私立にも使える方法なので、是非目を通してみてください。

 

ただ解くは研究じゃない。

様々な予備校で

過去問研究しろ!!

 

と叫ばれていますが、受験生の本音はこうです。

 

どうやってやるんねん!!!!!

 

そのとおりです。そして受験生は解いて、丸付けして

 

過去問研究おわりーー。

 

と無駄な研究を重ねていしまいます。

 

本当の研究とは

まず、受験校の過去問をゲットしましょう。

 

そして、解く前にやるべきことがあります。

 

①時間を把握

 

②問題数を把握

 

③時間配分を計算

 

④問題構成を把握

 

⑤解く

 

この流れで過去問を解きましょう。

 

その後の流れは

 

①問題の質を研究

 

ここが一番の研究です。

 

文法問題が出るのか出ないのか。

出るとしたら、文法は。熟語なのか、構文なのか、はたまた純粋な文法なのか。

 

長文問題はどれぐらいの難易度で学部ごとに内容が違うのか、専門的な内容が出るのか。

 

こういった詳しい内容を把握していくのが過去問研究です。

 

その作業を行ったあと、それに合わせて対策を行っていきましょう。

 

四字熟語が出るなら、四字熟語を行わなければいけないし、英作文がでるなら英作文をやる。といったように。

 

ここまでやって、やっと、研究と呼べます。

 

これからの時期は受ける大学を選定していく時期です。

たくさんの大学を研究することはとてもむずかしいです。

 

第一志望はしっかり行い、滑り止めの大学はセンター試験でしっかりと抑えていきましょう!!