【注目】とりあえず、大学に・・の社会が終わりを告げる。

2019年07月11日

こんにちは!

トライプラスおゆみ野校の雨宮です。

 

さて、近年、センター試験の廃止、入試改革などのニュースが世間を騒がせています。


そこで気になるのが、大学全入時代がどうなっていくのか。ということです。

低学歴大学

大学には偏差値があり、様々な予備校で偏差値が出されています。


そこで、偏差値の下位層の大学、現在ではBF(ボーダーフリー)という言葉が代わりに使用されています。

 

大半は「入学試験の倍率が低く、不合格者があまりにも少ない」「推薦入試などで入学者のほとんどを決定し、一般試験を受験する人間が少ない」などという理由でそう名付けられています。

Fランク大学は定員割れの学校が多くあります。そこで、推薦入学で大量に学力の低い学生を入学させているのが現実にあります。

 

大学運営サイドが学力不足の学生たちを過剰に“おもてなし”して、なんとか卒業させようとしているという実態もあり、大学とはなんなのか。ということを改めて考えさせられます。

 

 

ただ、私は思います。

どんな大学に行こうと、自分の頑張り次第、自分の実力次第でどんな企業にも務めることができる世の中に変化しつつあるというと思います。

 

つまり、自分の努力で入学した大学は、自分の頑張り次第で、どんな偏差値の大学でも自分のためになるということです。