【注目!】高校受験はゴールじゃない!!②@おゆみ野、鎌取駅前、ちはら台校

2018年10月26日

こんにちは!トライプラスおゆみ野校の雨宮です!

 

前回、高校受験はゴールじゃない!というお話をさせていただきました。

今回は、その続きになります。

前回の記事はこちら♫

四年制大学、短期大学、専門学校

 

3つの観点からお話させていただきます。

四年制大学

まず、「大学ってなにするの?」

 

という生徒さんの疑問をよく耳にします。漠然と大学はいっておいたほうがいい。

 

と認識して大学を目指す生徒さんも少なからずいます。

 

では、大学は何を勉強するところなのか。

 

大学は、学術的・理論的な学問を学ぶとともに、
幅広い教養を身につけるための教育を行う教育機関です。

 

大学での学びの基礎となる教養課程では、入学した学部・学科に関する学問のみに留まらず、さまざまな学問の基礎知識を学ぶことも可能。

 

必修科目(必ず履修しなければならない科目)により、ある程度制限はされるものの、学生の目的やライフスタイルに合わせて、自由に学生生活のスケジュールを決めることができます。 


ゼミ活動、研究活動、サークル活動など、自主性と協調性が必要とされる活動も多く、社会人としての基礎力を身につけることがでます。

 

それに対して、短期大学も見ていきましょう。

短期大学

短期大学は、大学と同じように幅広い教養を身につけるだけでなく、

職業や実際の生活に役立つ能力も育成する教育機関です。

 

読んで字のごとく「短期」の「大学」で、短期間のうちに、教養科目と並行して専門科目実学的な科目を学ぶことになるため、大学よりも学生生活が忙しくなりがちです。

また、大学に比べて実習時間が多く、机に向かっての勉強とともに、実際に体を使っての実習によっても知識や技術を覚えていくため、卒業と同時に即戦力として働ける力を身につけられます。

 

最後に専門学校です

専門学校

専門学校は、「専修学校専門課程」のことで、主に職業教育を行う高等教育機関です。

 

ある特定の職業に必要とされる知識・技術、資格を身につけるための学科・カリキュラムが用意され、卒業後は学んだことを生かした職業選択が行われます。


専門学校の最大の特長は、実習の多さです。卒業と同時に即戦力として働ける能力を身に付けるため、「身体で覚えること」が重視されているのです。実習時間が多い専門学校では、欠席や遅刻・早退は禁物。

一日でも休んでしまうと、他の学生と比べてかなりの遅れを取ってしまうことになります。

専門学校は、その学科の関連する職業がどの産業形態に属するかによって、「工業」「商業実務」「医療」「衛生」「文化・教養」「教育・社会福祉」「服飾・家政」「農業」の8つの系統・分野に分類されます。

いかがでしたでしょうか?

 

少しでも進路決定の参考になっていただければと思います!!


 

直接相談したい!!という場合、お気軽にお電話ください