ひな祭りって、なんの祭り?@おゆみ野、鎌取駅前、ちはら台、千葉みなと校

2017年03月03日

ひな祭りの疑問解決!!

んにちは!!

 

トライプラスおゆみ野校の雨宮です。

 

今日は、ひな祭りですね。そもそもひな祭りって、なんのお祭りなのか。

 

そんな疑問に今日は立ち向かって行きたいと思います!!

 

ひな祭りの由来

33日の「雛祭り」はひな人形を飾り、女の子の健やかな成長を願う、日本古来の行事です。

別名、「桃の節句」「上巳の節句」とも呼ばれます。

行事食としては、菱餅、ひなあられ、白酒、はまぐり、ちらし寿司などが有ります。

 

しかし

 

本来は、女の子のための行事。というわけではありませんでした。

雛祭りの起源が300年頃の古代中国の「上巳節」と呼ばれる季節の変わりめに邪気を水辺で払うという習慣です。

 

この習慣が遣唐使によって日本に伝えられ、「禊」の神事と結びつきました。

当初は、天皇の為にお祓いしていましたが、平安時代、宮中での行事として行われるようになりました。その際に、人形で自分の体をなでて、川に流すようになります。

 

やがて、この風習が武家社会に広がり、江戸幕府によって「端午の節句」に対して、3月3日が「上巳の節句」として、女の子の日と定着していきました。

 

ひな人形は、流していたものが、徐々に職人の腕が上がり、飾る物として作られるようになったのがはじまりです。

ひな祭りの行事食

「ひなあられ」

その昔、ひな人形を持って野山や海辺へ出かけ、おひなさまに春の景色を見せてあげる「ひなの国見せ」という風習があり、春のごちそうと一緒にひなあられを持って行ったのが始まりで、菱餅を砕いて作ったという説もあります。

関西風のひなあられは“あられ”ですが、関東風のひなあられは“ポン菓子”で、味も見た目も違います。

【桃花酒】【白酒】【甘酒】

もともと、桃が百歳を表す「百歳(ももとせ)」に通じることから、桃の花を酒にひたした 「桃花酒(とうかしゅ)」を飲む風習がありました。

江戸時代から白酒が好まれるようになり、定着していきましたが、白酒はアルコール度数10%前後のお酒ですから、大人しか飲めません。

子供にはノンアルコールの甘酒がおすすめです。甘酒には2種類あり、酒粕を使ったものはアルコールを含みますが、ご飯に米麹を混ぜて一昼夜ねかせて作るもの(別名「一夜酒(ひとよざけ)」)はアルコール度数1%未満なので、子供でも安心です。

【ちらし寿司】 

海の幸を多用しており、えび(長生き)、れんこん(見通しがきく)、豆(健康でまめに働ける)など縁起のいい具も祝いの席にふさわしく、みつば、玉子、にんじんなどの華やかな彩りが食卓に春を呼んでくれるため、ひな祭りの定番メニューとなりました。

真のグローバルな人材

簡単にひな祭りの起源から、行事食までをお話させていただきました。

もっと詳しく気になった方は、是非調べてみてください。

日本の風習や伝統には、素敵なものが数多く存在します。

グローバルな社会に進化していますが

海外に行きたい!

英語を話したい!

これだけでグローバルな人材と呼べるのでしょうか。

日本の事をしっかりと学び、海外の人たちに日本の良さを伝えることが出来る。これこそが真のグローバルな人材ではないでしょうか。

日本の伝統について、これからも、皆さんにお伝えします。