中1ギャップ③「学習面の克服」@千葉みなと校

2016年06月04日

中1ギャップ③「学習面の克服」

 

みなさんこんにちは!

 

トライプラス千葉みなと校から地域の子供たちを応援する

 

教室長、そして教育コーチの深谷です!

 

学校行事が盛り上がっている時期ですね!私も新宿中学校の体育祭を見に行ってきました!!

 

最近の応援合戦はダンスをするのが当たり前のようでとても衝撃を受けました!

 

修学旅行や、体育祭など行事続きですので皆さん体調には十分気を付けてくださいね!

 


さて前回は中1ギャップの学習面についてお話しさせていただきました。

 

小学生の時の勉強の仕方が良くないと中学入学後の生活に影響が出てしまうのです。

 

今回は中1ギャップ克服をテーマに定期テストに向けた勉強方法をご紹介します!

 

前回お話しした中1ギャップの原因の中に

 

ワークに追われている、ノート作りに時間がかかりすぎる

などの項目が出てきました。

 

そうです。多くの中学生はワークとノートまとめを全力で行っています。

 

ワークを調べながら一生懸命埋めていき、膨大な時間を作ってノートをまとめます。

 

これがNGです!

 


皆さん勉強するということはどういうことだと思いますか。

 

答えは簡単です

 

暗記です

 

勉強=暗記などというと怒られてしまうかもしれませんが実際のところは暗記の重要度は高く、多くの問題で暗記が前提となっています。

 

理科・社会はもちろん、英語、数学、国語に至るまで突き詰めれば暗記です。

 


ということで皆さんは

 

問題を解く、ノートを作る


から


暗記をする


という意識に切り替えてください。

 

まずは意識的に暗記をすることが大切です。

 

中学入学後初めのテストはあれこれ方法を模索するより徹底的に「暗記する」という勉強をしてみましょう!

 

次回は

中1ギャップ④「学習面の克服法~暗記の仕方~」

をお話しします!



以上トライプラス千葉みなと校の深谷でした。