勉強は質だけではダメ??@おゆみ野・鎌取駅前・ちはら台校

2018年02月04日

やっぱり勉強時間が多いと成績も上がりやすいというのは本当らしい

こんにちは!

トライプラスおゆみ野校の雨宮です!!

定期テストも近づいてきましたね。

定期テストシーズンになると、勉強時間が自然と増えている・・・はず?笑

おゆみ野校の生徒でも、

「僕は短い時間でも集中してるから。」

という生徒もいます。

勿論、集中して勉強することも大事です。


また、だらだら時間だけ稼いでもダメですね。

成績と勉強時間との関係・・・中高生の悩みの種でもある

現状、学校の成績に悩む中高生が、自分の勉強時間について考えてみると

「勉強時間が多くても、勉強の質が悪ければ意味が無い」

という考えと

「勉強時間に比例して成績が上がる」

という考えのどちらを信じていいかわからず、困ってしまう生徒が多いですよね。

両方は無理・・・・どうしよう?

とは言っても、両方はなかなか難易度は高い・・・
そこで!!

確実なのは、勉強時間が多いと成績も上がりやすいということ

言ってしまえば、

質』と『量』

を対立させて考えるのが、間違いなんです。

『質』は、『量』に従属しているのです。

というのは、質を向上させるためには、量をこなす必要があるということ。

つまり、多くの量によって、質が向上するのです。

だから、『効率のよい』『質の高い』勉強をするためには、勉強量を増やすことになります!!!

成績というのは、勉強時間に比例して伸びる訳ではなく、受験勉強を始めた初期は勉強時間の割に成績が上がりません。

この時期は、成績は緩やかに伸びていきます。そして、勉強時間が累積されるにつれて成績の伸び方が大きくなるのです。

その理由として→一定の学習時間(勉強量)を確保しないと、勉強の質も安定して確保できない

単純に勉強時間を増やせば良いというわけではありませんが、勉強の質、効率を高めるためにはそれなりの工夫が必要となり、そのための試行錯誤の時間も必要となるので、当然ながら一定の勉強時間をかける事が必要になります。


短い勉強時間では、テストの範囲をカバーする事は困難です。勉強の質が重要だということは事実だとしても、勉強時間をある程度確保しなければ、せっかく勉強したことであっても、記憶として定着することはありません。