【高校受験】千葉県公立高校入試-学力検査について@おゆみ野・鎌取駅前・ちはら台校

2020年05月09日

2021年度千葉県公立高校入試制度の詳細ページはコチラ!


2021年度入試以降、千葉県の公立入試は2月下旬に2日間にわたって行われます。

1日目は国語・数学・英語の学力検査

2日目は理科・社会の学力検査、各学校が実施する検査(面接や作文、自己表現など)

学力検査の試験時間

271331_s

国語:50分 ※聞き取り検査を含む

数学:50

英語:60分 ※リスニングテストを含む

理科:50

社会:50

 

全校共通問題を使用して実施されます。

試験時間は英語のみ60で、他の4教科は50分です。


英語の傾向

2964568_s

2021年度入試より英語の試験時間が10分長くなります。

昨今、小学生の英語教育や、大学入試での英語の問題傾向や配点が話題になっています。

間違いなく、これからは英語教育が重要になってくるでしょう。

英語の試験時間が延長される分、リスニングが長くなるのか、それとも筆記試験の分量が増えるのか、配分等はまだ明らかになっていません。

しかし、過去にリスニングの出題傾向・配点が変わったことから、一本化後はリスニングの配点が増えるのではないかと予想します。


2458872_s

2016年度入試

前期:13点、7問で21

後期:13点、5問で15

 

2017年度入試

前期:13点、11問で33

後期:14点、7問で28

 

2016年度と2017年度を比較してみると、前期・後期試験とも10点以上も配点が変更となっています。


また、大学入試改革に伴い、センター試験に代わる「大学入学共通テスト」においても配点が変わると言われています。

筆記:200点から100点に変更

リスニング:50点から100点に変更

相対的にリスニングの配点が高くなります。


まとめ

329396_s

上記のような配点の変更から予想するに、リスニングだけで40点近い配点になる可能性があります。

リスニング力は一朝一夕では身につきません。

長期的な計画を立てて継続して練習していきましょう。


千葉県入試1本化で受験者思考はこう変わる。はコチラ

千葉県公立高校入試-算式1の撤廃、追試験についてはコチラ