受験生とのかかわり方@おゆみ野・鎌取駅前・ちはら台校

2020年03月04日

こんにちは!!トライプラスおゆみ野校の雨宮です。

今年度の受験もひと段落し、新年度受験生を迎えるご家庭にアドバイスをできればと思います!!


受験生のお子さんとの接し方についてをご紹介!

受験期間中の子どもへの接し方で困っている保護者の方々は

多いと思います。

 

接し方のポイントは干渉しすぎないことと、

モチベーションを保ってあげることの二つだと思います。

まず、干渉しすぎないというポイントです。

 

受験生にとって一番気持ちの浮き沈みが激しくなってしまうタイミングは親からの何気ない一言をかけられたときです。

 

お子さんの状況が気になる気持ちはわかりますが、そこをぐっとこらえて家では勉強の話を最小限にしてあげてください。

 

「家はリラックスする場所」ということがお子さんの脳にイ

ンプットされれば、自然と勉強と休息の切り替え能力が身に付きま

す。

二つ目のモチベーションですが、大学受験を控えているお子さ

んがいる親御さんにとって特に重要です。

 

長い受験勉強でモチベーションが下がってしまうことはよくあります。

そこで親としてできることは、合格の先にある未来を示すということです。

お子さんに将来何をしたいのかを思いださせることが重要です。

 

例えば、

 

「海外旅行がしたい→お金がいる→いい会社に就職する→就職するために大学に行きたい」

 

というようなものです。

 

受験勉強を必要とするまでのプロセスを思いださせることが、お子さんのモチベーションを保つのに有効だと思います。

 

 

これが絶対に正しいということではありませんが、試す価値のあるものだと思います。ぜひ参考にしてみてください。