子供の近視が増加中!?そんな近視に救世主!!!@おゆみ野・鎌取駅前・ちはら台校

2017年12月10日

こんにちは!!

トライプラスおゆみ野校の雨宮です。

最近、子供の近視が増加しているようです。

確かに、私が小学生だった頃はメガネをかけている生徒はとても少なかった気がします。


近視の現状は?

文部科学省が昨年12月に公表した学校保健統計調査(速報値)によると、裸眼視力が1・0未満の割合は小学校で32%、中学校で56%と、いずれも過去最高となった。幼稚園でも24%いたそうです。


子どもの視力低下の主な原因は、近くの見すぎによるものだといわれています。まず仮性近視という状態から端を発するようです。


ようするに、視力が悪くなってしまう。ということですね。

そんな近視に抑制ライトが!?!?

太陽光に含まれている「バイオレットライト」を浴びることで、近視の進行が抑制されるという鳥居医師ら慶應義塾大学医学部眼科学教室の発表が注目されています。

しかし・・・・・


現在使われているLED照明や、蛍光灯には、ほとんど「バイオレットライト」は含まれていないそうです・・・泣


やはり、健康のもとは太陽!!!

じゃぁ、視力が悪くなるのは抑制できないじゃん・・


安心してください!!!!

太陽の光です!!

太陽の光を浴びることによって、「バイオレットライト」を体に問入れることが出来ます!!

1日2時間太陽の光を浴びることで、視力の抑制が出来るようです。

外に出る時

「上を向いて歩く」

ということをしてみましょう♪

昔の歌にもありますが、上を向いて歩くのは健康にもよいことなんですね。