年始ももうすぐ!お雑煮をたべよう@おゆみ野・鎌取駅前・ちはら台校

2018年12月27日

こんにちは、おゆみ野校の雨宮です

クリスマスも終わり、今年も終わろうとしています。

年始にはお雑煮!これは欠かせないですね。

有名な話かもしれませんが、関東と関西ではお雑煮が違うことを皆さんはご存じでしたか?


それでは、関東と関西のお雑煮の特徴を比較してみたいと思います。

・関東のお雑煮の特徴

関東のお雑煮のお餅は四角い餅であることが多いです。


庶民の間でお餅が食べられるようになったのは、江戸時代だと言われています。


この当時は関東の方に人工が集中していました。


一つずつ手でちぎって作る丸餅より、一度にたくさん作ることができる角餅を採用したのが由来だと言われています。


次に汁の味付けは関東のお雑煮は醤油仕立てすまし汁であることが多いです。

 

・関西のお雑煮の特徴

関西のお雑煮のお餅は丸餅が多いです。

これは、丸い形が「円満」を意味する縁起物として考えられてきたという由来があるようです。


また、お餅は焼かずに煮たものを入れるというのも特徴です。


次に汁の味付けは、白味噌仕立てが多いです


関西のお雑煮は京都から各地域に伝わったと言われていますが、京都の料理の特徴としてお雑煮以外でも白味噌を使うことが多いと言われています。

 

想像するだけでお正月が楽しみです。

食いしん坊の私はどれだけ食べることができるでしょうか?