数学と向き合うこと@おゆみ野・鎌取・ちはら台校

2018年05月10日

IMG_0467

こんにちはトライプラスちはら台校の梶田です。

少し前に教室で生徒から質問されたことでふと、気になったことです。

その質問は、

 

「先生、数学から逃げていくためにはどうすればよいですか?」

 

う~む、なるほどなとwww

よほど数学が苦手・嫌いなのかなと。

教室長という仕事柄、数学に限らず5教科+αから逃げるわけにはいきません。

個人的にも数学は好きな方です。

特に高校入試の関数の問題なんかは解くのが楽しくてしょうがない質ですwww


大切なのは向き合うこと

f3b801a5600706d76075c3cc7f64b708

ここからは私の個人的な考えですが

教科としての数学であれば「逃げたければ、逃げればいい」

「逃げ恥」ではないですが、こう考えています。

しかし、目を背けずにちゃんと「向き合うこと」は大切です。

ぶっちゃけると、中学生が習う関数、図形の角度を求めたり、方程式の文章題など

日常において使うことはまずありません。

皆さんはありますか?私はありませんwww

仕事においても、使っていく職業は塾講師など限定されてきますね。

データの集計や計算なども、エクセルが使えれば

入力するだけで後はコンピュータがやってくれます。

義務教育の中で習った公式や解法が活かされる場面は

本当に限定的なのです。

数学ってどう役立つ?

その一方で、「逃げられず、一生ついてまわってくるもの」とも考えています。

それはどういうことか・・・。

 

何か、課題に直面した時に解決の糸口を探っていく。

そんなときはただ、我武者羅にではなく

答えから逆算をして考えていくということをしませんか?

報告などは結論を簡潔にと言われます。

 

これって何かに似てません?

 

そうです数学です!

逆算をして解いていくというのは数学の中ではごく当たり前に行われます。

◯◯を求めるために✕✕をしてという用な感じです。

結果から逆算をしていくことで、物事の筋道を見通していくということです。

 

また、答えていくためには問題文の要点を把握して、読み取り式に起こしていかなければなりません。この要点を読み取るということも大切です。

相手の言っていることが分かりづらい、何を言いたいのかわからなくなってしまったなど

要点を見抜くということは、コミュニケーションを取っていく上でも重要ですね!

 

しかし、注意を「要は~」と使いすぎると少し敬遠されてしまいますので気をつけましょう!

 

そして、報告などには合同、相似の証明のときのように

根拠を明確に提示して伝えていくということが繋がってきますね!

考え方などの経験が活かされる!

6e65831863dbf272b7a65cd8df1a440d

一見して、数学と直接関係の無いようなものでも考え方・思考は様々なものと結びついてきます。

そういった意味で、数学は一生ついてまわってくるものなのです。

だからこそ逃げる前に一度、ちゃんと向き合って真剣に取り組んでください!

数学は直接的に方程式や公式が役立つとは限らないですが、

その考え方や問題に対するアプローチのやり方、経験が日々の生活のなかで活かされてきます。

 

その上で、自分の進路を決めて数学をとらない道を選んで「逃げたければ、逃げればいい」のではないでしょうか?