新しい学部、「学際」って何??? ~進路選択について~@おゆみ野、鎌取駅前、ちはら台、千葉みなと校

2017年03月31日

こんにちは!

大学受験に力を入れている、トライプラス鎌取駅前校高等部の青木です。

 

今回は、新しい学部系統である、「学際系」学部についてお伝えします。

大学には「学部」がある!

皆さんご存知の通り、大学という枠組みの中に、学部という学問系統があります。

一言で言うと、「何を学び、何を研究するか」ということです。

 

日本の大学に多い学部を書いてみると…

 

・文学部

・社会学部

・国際学部

・法学部

・政治学部

・経済学部

・経営学部、商学部

・教育学部

・理学部

・工学部

・農学部

・医学部、歯学部

・薬学部

・保健学部、医療学部、看護学部

・生活科学部

・芸術学部

・スポーツ科学部

 

といった学部が挙げられます。

 

これらの学部の名前を見ると、「どのような勉強をするか」か「どのような職業に就くか」がある程度想像できると思います。

 

 

例えば…

 

・医者になるには?  → 医学部

・弁護士になるには? → 法学部

・学校の先生になるには? → 教育学部

・お金の仕組みを勉強したい! → 経済学部や経営学部

・英語を話せる人になりたい! → 国際学部

・性能がいい車を開発したい! → 工学部

 

といったように、学部の名前と、勉強する内容や将来の職業には、ある程度関係があります。

 

しかし、近年「学際系」と呼ばれる新しい学部が登場しています。

 

皆さんは、何を勉強する学部なのか分かりますか?

これまでにない新しい学部「学際系」

「学際系」学部とは、「既存の学部系統にとらわれない、総合的・分野横断的な学問」というものです。

 

???

 

これを読んでも、いまいちピンと来ない方が多いですよね?

 

具体例を見てみましょう。

 

 

例えば「環境問題」。

ご説明するまでもないことですが、地球温暖化やオゾン層の破壊、人口増加による水不足、食糧不足等、現在の地球には様々な問題があります。

 

これらを解決に向けて進めるためにはどのようなアプローチがあるでしょうか。

 

・二酸化炭素排出量を国同士で取引する政治的アプローチ

・二酸化炭素排出を企業に規制する法学的アプローチ

・環境問題の大切さを次世代の子供に伝える教育学的アプローチ

・二酸化炭素排出量の少ない車を開発する工学的アプローチ

 

などなど、様々な学問からのアプローチを考えることができます。

それらの様々なアプローチを総合的に判断し、考えていく学問が「学際系」学部なのです。

近年人気の「学際系」の学部

これまでは、法学部や工学部といった従来の学部系統が、大学の勉強・研究の主なものでした。

しかし、近年の科学技術の発展や、社会のグローバル化、価値観の多様性といった背景から、「学際系」のような総合的な学問の需要が高まっています。

 

「学際系」学部を持つ大学は…

 

<国立大学>

・東京大学 教養学部

・京都大学 総合人間学部

・広島大学 総合科学部

・千葉大学 国際教養学部

・九州大学 21世紀プログラム

など

 

<私立大学>

・早稲田大学 人間科学部、国際教養学部

・青山学院大学 地球社会共生学部

・法政大学 人間環境学部、グローバル教養学部

・学習院大学 国際社会科学部

・駒澤大学 グローバル・メディア・スタディーズ学部

など

 

上記の大学は一例ですが、「学際系」学部は今後も新設されていくようです。

 

 

生徒からの進路相談では、「これだ!」と決まるような学部がなかなか思い当たらないという話も多く聞きます。

まだ受験する学部が定まらないという人は、「学際系」学部に入り、大学の勉強を通して自分の適する専門分野を考えるという方法も一つの手段です。

 

ぜひ、学部選びの参考にしてみて下さい!

 

 

以上、トライプラス鎌取駅前校高等部の青木でした。