日本は「eスポーツ後進国」@おゆみ野、鎌取駅前、ちはら台校

2019年04月17日

こんにちは!

 

トライプラスおゆみ野校の雨宮です!

 

新しい年度が始まって、皆さん着たいと不安に渦巻いている季節だと思います。

 

新年度もトライプラスは皆さんのちからになれるように頑張っていきます!!

「eスポーツ」とは

さて、最近何かと話題の「eスポーツ」ですが、皆さんはどう思われますか?

 

オリンピックの種目になったり、学校での部活で採用される事例もあったりと。話題が尽きないスポーツですが、そもそも「eスポーツ」とはなんなのか。

 

eスポーツ(e-sports)」とは、「エレクトロニック・スポーツ」の略で、広義には、電子機器を用いて行う娯楽、競技、スポーツ全般を指す言葉であり、コンピューターゲーム、ビデオゲームを使った対戦をスポーツ競技として捉える際の名称。」

 

だそうです。

日本の評価

「所詮ゲームだろ?」

「ゲームが上手くて何の自慢になるんだ。」

 

そんな声が大人から聞こえてきそうですが、その考えがきっと日本が後進国と言われる所以でしょう。

 

ちなみに、この競技の最高賞金額は139億円だそうです。

 

びっくりしますよね。ほんとに。

 

世界ではとても評価されています。もちろん何のゲームでも良いわけではなく、指定されたゲームにはなります。

 

格闘ゲームや、サッカーゲームなどのゲームが採用されているようです。

世界では正式種目

オリンピック種目になりましたが、日本では正式にスポーツとして認められていませんので、参加は難しそうです。

優勝したチームのメンバーなどは、大企業から引っ張りだこのようです。

 

その理由は、瞬時にその場で必要な行動を判断し、適切な指示をメンバーに出すことができるからだそうです。

世界が変わる。日本が変わる。

かつては、学歴が全てと言われていましたが、大きく時代が変わってきます。

みんながみんな「eスポーツ」をやろう!!とは言いません。

しかし、人間を見る基準としての何かが大きく変わってきています。

 

そんな中、私達は人間の根本となる、人間力や、国語力を指導していけたら。と考えています。