書籍紹介「日本史の参考書」@おゆみ野・鎌取駅前・ちはら台校

2018年11月23日

こんにちは!

 

トライプラスおゆみ野校の雨宮です!

 

今日は、日本史の参考書紹介をしていこうと思います。

 

私立の大学文系の大学を受けるにあたって、社会科科目の選定が必要になってきますが、日本史、世界史、政治経済がメインになってきます。

そのなかでもっとも馴染みのある教科が日本史です。

でも、日本史の教科書ってなんだか分かりづらくて、読みにくいですよね。その結果、暗記もできないし、日本史でもっとも大事な流れも理解できません。

 

そこで!

 

日本史を勉強しようとする高校生におすすめの参考書を紹介しようと思います。

教科書補助教材は2択!

まずは、多くの本屋さんにも大々的においてある

 

「石川晶康 日本史B講義の実況中継」

 

言わずもしれた昔からある日本史講義教材の原点です。

 

中身は、講義形式の口語調で描かれており、非常に読みやすい作品となっています。

シリーズに分かれており、日本史の全範囲を網羅するには四冊ほどを読む必要があります。

 

 

もう一つは

 

「金谷の日本史「なぜ」と「流れ」がわかる本」

こちらは東進ブックスからの出版です。

東進ハイスクールの日本史人気講師が手がけた作品で、こちらも口語調です。特徴的なのは、日本史の流れを抑えてくれている点です。

ただの単語の暗記では難しい日本史を背景を抑えることによって、読みやすくしてくれています。

 

この二冊はどちらもおすすめです。

 

これから日本史を勉強しようと思っている高校生は是非、本屋さんでみてみてくださいね。