自己満足していますか?@ちはら台校

2019年12月11日

こんにちは!トライプラスちはら台校の梶田です。

 

突然ですが、皆さんは“自己満足”という言葉にどういったイメージを持っていますか?

 

普段、耳にする、口にするイメージではネガティブなイメージを持っている人が多いのではないでしょうか?

 

そこで、今回は“自己満足”という言葉にポジティブなイメージを持ってもらえたならばと思います。


953fed1f5090c5a0f3b6671c3a26e6aa

私がよく参加しているセミナーでは

成績UP=時間×質

と講師の先生も言っていました。



時間とは単純にそれに取り組むのにかけた時間。

質とは学習環境を整えることや自分に合った勉強法を見つけることなどです。



これに関しては、まだまだ多くのことが書けそうなのでまたの機会にしたいと思います。

 

そこで、最近お風呂に入りながら

通塾している受験生のことを考ていてふと思ったことは



1日の自分の勉強量に対して“自己満足”できているのだろうかということです。

 

一日の最後にその日勉強したノートを見て、

「今日も1日よく頑張った!」

と思えるだけやれているのだろうか?

 

“自己満足”ということは、

目標に対して自分が考えている中で最善を尽くしているという状態ではないでしょうか?

もちろん客観的にみて、その行いが十分であるかどうか省みることも大切です。

 

しかし、自分が満足するだけのことをせずして

目標を成し遂げることができるのでしょうか?



“自己満足”できるところまで行ってから、それを客観的にみて十分なものかどうか・・・。

十分でないならば、

その“自己満足”の基準を引き上げるなどして

見直していくことが大切なのではないでしょうか?

 

私自身も授業に臨むときには、

準備の段階では“自己満足”している状態まで準備をしていきます。

板書案、話の内容、問題の選定など

これで大丈夫!と、自分が満足できるレベルまで行っていきます。



その上で、結果が伴わなければ“独りよがり”になってしまうので

振り返り、改善点を探して次へとつなげっていきます。

 


今の受験生の指導をしていて、

勉強に取り組んでいる時間については

ひとりひとり改善していくことは多くあると思っているのでそういったところは伝えていきます。

 

しかし、その中で、生徒自身は志望校の合格という目標の向けて

その取り組みに対して“自己満足”している状態であってほしいなと思います。

 

勉強に限らず、何事も初めからすべてがうまくいくことなんてありません。



それでも成功していく、目標を成し得ていくための第一歩が

“自己満足”

なのではないでしょうか?



“自己満足”の状態から振り返り、改善していく

そのことでより良い取り組みにしていけるのではないでしょうか?

 

皆さんは勉強に限らずどんなことでも自分の取り組みに対して“自己満足”できていますか?