自粛に負けるな!!受験生は始まってしまっている!!!@おゆみ野・鎌取駅前・ちはら台校

2020年04月11日

こんにちは!トライプラスおゆみ野校の雨宮です!!

 

家にいることしか出来ず、課題も出されたけど、やる気が出ない。

受験生なのに、なんだか気がめいってできない。

受験生になるタイミングで学校がなくなって・・・なんだか、まだ実感がない・・

 

と毎日思っている生徒たちにメリハリの話をしようと思います。


受験学年というと、来る日も来る日も、勉強勉強。遊んでる暇なんて無い!部活が終わって疲れてるけど、勉強!!


高校や大学に合格するためには、そのくらいの勉強は必要になります。


しかし、人間はロボットではありません。しかも、外出自粛でさらにストレス・・・

受験計画どおりに進めることも大切ですが、それではストレスばかりが溜まってしまう危険があります。

人間の脳には、単純な単調な作業を嫌う。

という性質があるようです。


つまり、長い時間ずっと勉強して、勉強したつもりになっていても、


実は、脳は全く動いていなかった。ということもありえるのです。


こういった落とし穴にはまらないためには、


毎日の学習方法を、緩急のあるものにしていくことが大事。

たとえば1週間のうち、日曜日だけは、まったく勉強しないと決める。



その日はどんなことがあっても、勉強しないのです。

その代わり、しっかり息抜きすることが大事

しかし、なかには全く勉強をしない日を設けると、不安になってしまい、かえってストレスがたまってしまう、という人がいるかもしれません。


何かやっていないと落ち着かないわけです。

そのような場合、1日の中で、集中してやる時間、まったくやらない時間を分けましょう。

試験当日まで5時間とか7時間とか、ずっと毎日、


「同じ量の時間の勉強」をしていると、しらずうちにストレスや疲れが累積してしまう可能性があります。


そこで、うまい具合に緩急のリズムをつけ、ストレスを発散させていくわけです。しかも毎日、かならず勉強は進めていくわけですから、不安感も最小限にできます。


”毎日、進んでいるんだ”


という充実感と安心感があります。


教科を変えるのもいい方法

1日の勉強の中で、じっと同じ教科をやっていませんか?



5時間、6時間、同じ教科を好きだから、または嫌いだからといって

ずっとやるのは良く有りません。


人間は一つのことに集中できる時間は、せいぜい45分程度だと言われています。

 

45分で教科を区切って学習計画を立ててみましょう。

 

 

学習方法や計画をたてるのに、困ったら、是非相談してください。教室はお休みですが、電話でも受け付けています!!メールも大歓迎です!!

こんな時だからこそ、頑張っていきましょう!!

 

トライプラスおゆみ野校は、頑張る生徒を応援します。