高校入試直前! 受験生を励ます食事・飲み物・健康ケア

2020年12月21日

こんにちは!トライプラスちはら台校の梶田です。

もうすぐ新年を迎えて、受験もいよいよ大詰めの高校入試直前期。

ラストスパート中のお子さまにとって、保護者の方が用意してくれる食事や飲み物は大きな支えになります。

また、風邪などの感染症が気になるこの時期、保護者の方はお子さまの健康もしっかりケアしてあげたいところですね。

お菓子や甘い飲み物、そしてふだんどおりの食事が好評

「受験期に出してもらってうれしかった食べ物は?」という質問に対して、大学生の回答でとくに多かったのは、チョコレートやアメ、ケーキなどのお菓子類。
「勉強に疲れたときは甘いものがほしい」と考えるお子さまは多く、ストックがあるとうれしく感じるココアなど甘みのある飲み物が好評のようです

また、食事では特別な料理というより「いつもと同じメニューを作ってくれて安心できた」という声がおおいようです。
ふだん通りに栄養バランスに気をつけて用意するだけで、お子さまに応援の気持ちは伝わるようです。

本番での実力発揮に向けて健康ケアは重要

お子さまが高校入試本番で最高のパフォーマンスを発揮できるよう、直前期にはとにかく健康面をケアしてあげたいもの。

とくにこの冬は、新型コロナウイルスの感染にも注意が必要です。

自分だけでなく家族全員が風邪やインフルエンザにかからないよう、みんなでマスクや手洗い、うがいを進んでやってくれた。

などのちょっとした心配りでもしっかりサポートになるようです。

定番の合格祈願食やスタミナメニューには注意も必要

入試直前には、スタミナのつきそうな料理や、トンカツなどの縁起をかつぐメニューを食卓にのせるご家庭もあるかもしれません。

しかし、これらの料理は「胃もたれしやすい」「体に負担がかかる」と考える受験生も意外に多いようです。

大切なのは入試本番でお子さまが実力を発揮できるために体を整えること。

カツ丼などは避けて消化のよいメニューを出すなど、お子さまの気持ちや体調を最優先でメニューを決めることをおすすめします。

お子さまの心に寄り添って追い込み期を応援

入試直前期は、お子さまにとってストレス最高潮の時期。

だからこそ保護者の方は、毎日の食事やおやつ、健康を保つためのケアでお子さまの頑張りをフォローしたいものです。

本番まであと少し、家族で協力して合格へのバックアップをしていきましょう。