8月Vもぎ結果報告@鎌取駅前校

2018年09月08日

こんにちは、トライプラス鎌取駅前校の駒野です!


去る826日(日)に受けたVもぎの結果が出ましたので、そのご報告をいたします!

 みんな夏期講習を通してかなり学習時間が増えましたね!


この夏の成果が出てくるのは実際には10月以降ですがはやくも多くの生徒が結果を出してくれました。

その一部をご紹介します。

Aさん 

理科 100

5科合計 偏差値3アップ

 

Tくん

数学 偏差値8アップ

英語 偏差値1アップ

理科 偏差値2アップ

 

Sさん

国語 偏差値7アップ

社会 偏差値9アップ

理科 偏差値1アップ

 

Yくん

国語 偏差値5アップ

数学 偏差値6アップ

英語 偏差値14アップ

理科 偏差値6アップ

 

Rくん

数学 偏差値6アップ

英語 偏差値1アップ

理科 偏差値15アップ

 

Kさん

数学 偏差値6アップ

英語 偏差値8アップ


今回は特に苦手科目を伸ばすことができた生徒が多くいました。素晴らしいですね!


では具体的に偏差値アップのためにどのような取り組みをしたのか。

以下の3つが挙げられます。

偏差値アップのための3つの取り組み

この夏の取り組みとして、生徒たちには1、2年内容を完成させるために1冊の教材を最低2周、標準3周してもらうようにお願いしました。


そうすることで授業数に関しては例年よりも少なくなり、自学の時間が増えていきました。


つまるところ高校受験レベルにおける授業は「きっかけ」に過ぎず、いかに反復をし、頭に叩き込めるかが成績を上げる上では重要だということです。

お盆休み中に昨年度のVもぎの過去問を解いてもらいました。


結果は様々でしたが各々で気づきがあったようでした。


過去の出題傾向を知り、時間配分を意識して取り組んでもらったことが成果につながったと思います。

模試の対策に時間をかけられるよう、お盆休み前までに学校の宿題が終わるように進捗を管理しました。


7月の中旬頃より具体的に何をいつまでに終わらせるのか計画を立ててもらいました。


そうすることによって、お盆期間中に過去問を解く時間もできしっかりと対策をすることができました。

795316b92fc766b0181f6fef074f03fa

多くの生徒が夏期講習を通して自習の習慣、勉強体力がついたと思います。


夏の頑張りを結果として表せられるよう、引き続きバランスの良い学習計画を立てて取り組んでいきましょう!