5/19(土)勉強法ガイダンスを終えて@鎌取駅前校

2018年05月21日

トライプラス鎌取駅前校の駒野です。

519日(土)に中学13年生を対象に勉強法のガイダンスを行いました!

特に3年生は受験にもつながる話もあったので、とても意欲的に話を聞いてくれましたね!

参加できなかった生徒にはまた改めてお話しますね。

勉強法ガイダンスの概要はコチラ

image1526954854469

生徒たちに伝えたこと

生徒には大きく分けて3つのことを伝えました。

①千葉県公立高校受験の厳しさ、今勉強することが受験にどのように役に立つか

②何のために勉強をするか、勉強をする上で大切なこと

③各科目の勉強法

千葉県公立高校受験の厳しさ、今勉強することが受験にどのように役に立つか

1学区は千葉県の中でも非常に倍率の高い学区です。

1学区だけでも毎年1000名以上の不合格者がでています。

まずは生徒たちにこの現実を伝え、周囲の子たちも一生懸命勉強している厳しい地域だということを説明しました。

各学年の内申点は高校受験の際、非常に大きな要素

となります。

多くの学校では

500点(当日の筆記試験)+135点(内申点)

という選抜方法を取ります。(学校ごとに異なります。)

内申点は

国語・数学・英語・理科・社会の主要5科目と美術・音楽・技家・保体の技能教科4科目の計9科目で評価され、それぞれ5段階評価となっております。

各学年45点が満点となり、3年間の合計が135点になります。

学年ごとの評価のため「3年生から頑張る」ということができないのが内申点の特徴です!

自分の受験勉強を少しでも有利に進めるためにも内申点はしっかりと確保しておきましょう!

何のために勉強をするか、各科目の勉強法

生徒たちには中学生のうちに勉強の仕方を学ぶことで「考えて行動できる人」になってもらいたいということを伝えました。

勉強をしていく中で「自分はなぜこの問題を間違えてしまったのか」、「どうすれば成績を上げられるか」、などというように色々なことを考えて問題解決していく力が必要になります。

こういった力を付けていくことで将来、困難な場面に出会ったときにでも問題解決できる人間になってもらいたいと考えております。

まず勉強をする上で絶対に必要なことは「やる気」「集中力」「学習時間」です。

その上でさらに3つの力が求められます。

それは

学習体力、網羅力、計画実行力です。

生徒たちにはその力が現状でどのくらいあるかをセルフチェックしてもらいました!

自分にはなにが足りないのか、何をすれば良くなるのかを考える良いきっかけになりました!

各科目の勉強法

どの科目でも前提となるのは学校の先生の話をしっかりと聞き、メモを取ることです!

塾の勉強だけでももちろん成績は上がりますが、1日の大部分を過ごす学校で、一つでも多くのことを学びましょう!

詳しい勉強法について知りたい方はお気軽にお問い合わせください!

まとめ

高校受験では人生の中で初めて自分で選択をするという経験をします。私は生徒に「考えて行動する」力を身に付けてもらいたいと強く願っています!

どんな時でも味方になりサポートしていきます。この1年、一緒に頑張っていきましょう!


前回の鎌取駅前校のブログはコチラ