GWの謎に迫る!@おゆみ野、鎌取駅前、ちはら台、千葉みなと校

2017年04月28日

download

こんにちは!

トライプラスおゆみ野校の雨宮です。

 

トライプラスおゆみ野、鎌取駅前、ちはら台、千葉みなと校は4月29日~5月5日までが

GWということで、お休みになります。

 

そもそも、GWってなんでそう呼ばれるようになったのでしょうか。

少し調べてみました!

本来の日程とはちがってる?

本来GWは5月3日~5月5日までの三日間を指します。


一般的には4月29日~5月5日までとされている場合が多いです。

また、その周辺に土曜日、日曜日、振替休日などがある場合大型の連休となる場合が出来るようになりました。

GWの祝日を振り返ってみよう!

download

4月29日 昭和の日(1988年までは天皇誕生日、2006年まではみどりの日)


名前が時代とともに変遷していますね。

 

5月3日 憲法記念日

 

5月4日 みどりの日(1988年から2006年までは日曜日・月曜日以外なら国民の休日)

 

5月5日 こどもの日

 

以上が祝日です。


5月1日がメーデーとなるため、休日になる会社、人が少なくないことから長期連休を取りやすいということに世間的にはなっています。

呼び方も違かった!

以前は休日が飛び飛びになるため、「飛石連休」という言い方がされていましたが、1985年(昭和60年)

国民の祝日に関する法律」

改正で54日が日曜日や振替休日でなくても「国民の休日」になってからは、この言い回しは少なくなりました。

メディアでは禁止用語!?

世間一般的にゴールデンウィークと呼ばれているこの期間ですが、メディア(NHK、一部の民放、新聞)では、「春の大型連休」という表現で統一しています。


理由としては、ゴールデンウィークという表現が映画業界用語だったこと、年配者にわかりづらいという理由が挙げられます。


また、NHKでは面白い理由がみられます。


・休暇が取れない人から「何がゴールデンウィークだ。」という抗議の電話が来る。


・外来語、カタカナを避けたい。


・一週間より長くなることがあるため、「ウィーク」はおかしい

 

などの理由もあるそうです。

 

GWについて、少しお話させていただきました。

皆さんはどこかにお出かけされますか?


トライプラスの生徒たちには、宿題がたっぷりです!毎日少しずつ頑張りましょう