④テスト前しか机に向かってくれない。毎日少しづつやればいいのに。

保護者様と面談をしている中で感じるのは、学習習慣をつけさせたいというご要望が非常に多いということです。

 

多くのご家庭で悩まれている問題で、実際に塾に入る前の子供たちは学習習慣がついていないことがほとんどです。

 

通信教材を与えてみても長続きせず溜まってしまう。

タブレット学習も飽きてしまう。

塾に入れてみても授業の日以外は勉強をしない。

 

学習習慣をつけてもらいたくてもなかなかうまくいきませんよね?

そもそも習慣をつけるとはどのようなことでしょう。

身近な例で言えば「歯みがき」です。

多くの人は毎日歯みがきをし続けていますよね。

これは幼少期に家族から毎日歯みがきすることを教えられ、今日まで継続している「習慣」です。

 

もし歯みがきを1日しない日があったらどうでしょう。

何となく気持ち悪ですよね。

この気持ちを感じることができれば習慣化が成功している証拠です。

 

ジョギングやウォーキングなども同様です。

毎日ジョギングしている人は一日でも休む日があるとなんだか落ち着かないといいます。

そしていったん習慣化させれば練習の辛さがなくなってきます。

では物事を習慣化させるにはどのくらいの時間が必要なのでしょう。

一昔前の説では習慣化は3週間でできるといわれていましたが、現在は30日間とも66日間とも言われています。

 

私は経験上、「1か月」を習慣化の目安と考えています。

一か月の間が少ない時間でもいいので毎日勉強することが必要です。

 

ちなみに勉強に抵抗がある人は、習慣化しないうちから

「今日は疲れたから勉強はやめよう」

「週に1、2日しか勉強しない」

 

などムラがある場合が多いです。

だから、最初の一か月間はどんなに辛くても毎日続けることが絶対に必要です。

 

「とりあえず最初の一カ月だけでも乗り切る」

 

という知識を持っていればやれないことはありません。

でも実際、家で勉強をするというのは難しいですよね。

スマートフォンを筆頭に、テレビ、ゲーム、漫画など、家の中の誘惑は挙げればキリがありません。

 ではトライプラスではどうしているかというと・・・「自習室」を最大限に活用します!

 

中学1年生の受講例

月曜日

火曜日

水曜日

木曜日

金曜日

土曜日

日曜日

数学(授業)

理社(宿題)

英語(授業)

数学(宿題)

英語(宿題)

理社特訓授業

学校のワークを進める

 

このように授業で出した宿題を別の日に塾に来てやるように曜日を設定します。

 

授業以外にも塾に来ることで通塾日数を増やし学習を習慣化させます。

 

さらに自宅で宿題をやると、わからない問題に出会ったときに先に進めなくなってしまうことがあります。

 

塾で宿題をやることでチューターの講師に質問することができるというメリットがあります。そして学習の習慣プラス定着を図ることが可能になります。

他にもこんなお悩みが♪