⑪友達と比べて、自分は出来ない。と思い込んでるのよね。

テストが返ってくると、友達と答案を見せあって、自分の点数と比べることがあるかと思います。


生徒から「自分より勉強していない友達の方が点数がいい」「頑張っても点数があがらないから勉強したくない」といった話をきくことがあります。


友達と比較したが故に「やってもできない」「苦手だ」といった意識が芽生えてしまいます。


しかしそれは思い込みであって、考え方を少し変えるだけで前向きなものに変えていくことができます。

自分に合った勉強方法を見つけよう

例えば一回見ただけで英単語を覚えられる子もいれば、10回書いてようやく覚えられる子もいます。


後者の子からすれば、前者の子がうらやましく、10回書かなければ覚えられない自分は劣っていると思ってしまいますよね。


しかし実際は後者の子がほとんどであり、決して勉強ができないわけではありません。自分よりも成績が上の友達と比べることによって、


無意識に自分は勉強が苦手なのだと思いこんでしまっているだけなのです。

友達と同じ勉強方法をする必要はありません。


一人ひとりの性格が違うように、勉強においても一人ひとり理解力が違います。


自分の性格に合ったやり方、理解できる方法で進めていきましょう。

「できない」思い込みを「できる」思い込みに!

勉強が苦手だという思い込みはとても大きな影響を及ぼします。


たいていの場合は勉強が「できない」のではなく「してない」だけということもあります。


毎回テストで90点以上とっている人でも授業中寝て、予習も復習もしないと点数はとれません。どんなに勉強が出来る人であっても、やるべき時にしっかりとやっているからこそ、点数がとれているのです。


思い込み→苦手意識→あきらめ→勉強しない。


それではいつまで経っても点数は上がりませんよね。


勉強ができないと思っている人は、一度できるかできないか考えずに勉強してみましょう。


トライプラスでは一人ひとりにあったカリキュラム、勉強方法をご提案させていただいています。自分にあった勉強方法を見つけ、「できる」に変えていきましょう!

他にもこんなお悩みが♪