⑬ちょと英語を覚えたのだけれど、恥ずかしくて、使う機会がない。

 恥ずかしくて当たり前!

「苦手な英語を人前で話すのは恥ずかしい」


という感情は、日本人なら多少なりとも持っているのではないでしょうか


「間違っている英語だったらどうしよう」


とか、「英語を口にしても伝わらなかったらどうしよう」とか、


ペラペラに話せるようになってから会話をしよう」


といった思いがあるかと思います。


 これは日本人なら誰しも思うことなので、恥ずかしがっていても仕方のないことなのです。

習うより慣れろ!

もし、あなたが道を歩いているときに、外国人のような人に次のように話しかけられたらどうしますか?


 「エキ、エキ、チバ、ドコ」


あなたはこの外国人が何を求めているか分かりますよね?

このように単語が並んでいるだけでも、意思は伝わるのです。

 

 英語の習得の一番の近道は「実際に使う」ことです。

恥ずかしくてもたくさん声に出して、たくさん使えばその分上達します。


発音が悪かったとしても、文法的に間違っていたとしても、実際に声に出すことが上達のコツです。


習うより慣れろ!

それでもやっぱり恥ずかしい

習うより慣れろ、とは言ってもやっぱり恥ずかしい人は、家族や友達と英語のゲームをするといいでしょう。


「1時間英語オンリー」ゲームです。その上で伝言ゲームなど、言葉を発するゲームを行うと英語にも抵抗がなくなるのではないでしょうか。

他にもこんなお悩みが