公立高校入試 出題範囲の削減について

2020年07月15日

7/15に教育委員会から公立高校入試の出題範囲に関する発表がありました。

 出題範囲から除かれる単元がありますが、受験勉強が楽になったということではありません。

 なぜならば、 除かれる単元は出題頻度が少ないということ。 

さらには、他単元との関連性も薄い単元であるということ。 

つまり入試のためにしっかりと対策をして臨んでいくべき単元は変わらないのです!  

今年はコロナ禍という状況の中、夏休みが例年よりも短くなっていますが、今年の中3生にも昨年までと同等の勉強量が求められます。 しっかりと取り組んでいきましょう!