トライプラス高等部夏特訓①

2016年06月23日


 高校3年生

 

何と言っても受験生!

高校3年生が過ごす夏は、誰もが人生で一番勉強する期間です!

志望校合格を目指し、己の限界まで勉強しましょう!

 

 

 

【計画を立てた者が受験を制す!】

己の限界まで勉強する、とは言っても闇雲に勉強していては、実力はついてきません。

受験科目、試験形式、今の実力を考え、受験に向けての計画を立てることが必要です。

 

例えば

英語という教科はやるべき内容が数多くありますよね?

文法、単語、熟語、長文読解、英作文、速読、精読、語法、リスニングetc

これらをすべて夏休みに終わらせることができますか?

 

計画とは「いつまでに」「何を」勉強するか決めることです。

 

【私立文系】

私立文系を受験する多くの受験生は英語、国語、社会が受験科目だと思います。

夏休みに重点的に勉強するのはズバリ

『英語』です!

 

数ある大学の中でも必ずと言っていいほど受験科目に指定されていますね。

夏休みに期間中に英語の力をつけることが、受験全体での鍵です。

 

【私立理系】

私立理系を受験する多くの受験生は英語、数学、理科が受験科目だと思います。

夏休みに重点的に勉強するのはズバリ

『数学』『英語』です!

 

【重点科目】

ここでひとつ疑問点。

「文系は英語だけでいいのに、理系は数学と英語の両方勉強しなきゃいけないの?」

と、思いますか?

 

はい!答えはその通りです。

 

理系と言えば、受験科目は数学がかなりのウェイトを占めます。

つまり、理系にとって数学は絶対に実力をつけなければいけない科目です。

 

ただ、数学はかなり時間がかかる科目です。

もし、受験科目として数学まで指定されていると、

非常に多くの内容を勉強する必要があります。

 

これは高校の1週間の授業時間を考えていただければ分かるかと思います。

理系選択の場合、数学ⅠA6時間、数学ⅡB6時間、数学6時間の計18時間学習しましたよね?

これらの内容を夏休み期間だけですべて復習するのは時間的に不可能です。

 

つまり、受験で数学を使う場合、夏以降の勉強内容も考慮し、計画を立てる必要があります。

 

そうしますと、秋以降にも数学の勉強に時間を割くわけですから、

英語の基本は夏休み中に身につける必要があります。

 

【重点科目まとめ】

文系は英語

理系は数学英語です。

 

それでは科目ごとの方針をご紹介します。

 

 

【英語の方針】

入試の英語の問題を見たことがありますか?

初めて見る人は、英語長文の量の多さにびっくりすることと思います。

 

あと半年後には、膨大な量の英文を試験時間内に解くわけです。

 

ここで英語の王道をご紹介します。

 

【単語・文法 精読 長文】

英語の受験勉強において、王道とされる方法は

単語・文法 精読 長文 です。

 

トライプラス鎌取駅前校高等部に通っていただいている生徒には、

この方法でカリキュラムを立てています。

 

さて、これから新しく受験勉強を始めようというあなた!

夏休みには何を勉強するべきでしょうか?

 

【夏の英語は文法をマスターせよ!】

答えは文法です!

トライプラス鎌取駅前校高等部では、夏から秋にかけて精読、秋から冬にかけて長文読解を進めていきます。

そうしますと、夏休みが終わるまでに文法を完成させなければ次の勉強に進めません!

夏休み中の文法マスターを目指します!

 

【授業形態】

グループ授業

 これで完成!英文法の基本マスター

個別授業

 文法の穴をここで潰せ!苦手文法対策授業

 

トライプラス鎌取駅前校では以上2つの授業形態を用意し、夏休み中の文法マスターを目指します。グループ授業と個別授業の両方で、英文法に対する英語の力を高めます。

 

日程、授業料等は教室までお問い合わせください!